手荷物ダイエッター、重い荷物を減らして楽しく暮らす

悩ましい重い手荷物たち、そんな荷物をダイエットしてラクに楽しく生きるためのお手伝いをします!

荷物減らしとアドラー心理学における課題の分離

毎日持ち歩く荷物を減らすことは
取捨選択のトレーニングをすることに近い。

実は荷物を減らそうと思い浮かんだ時に
なぜかアドラー心理学を知りたくなった。
たまたま家にあったこの本を読んでみた。

嫌われる勇気

嫌われる勇気

アドラー心理学の入門書としてはド定番。

特に興味があったのが課題の分離。
課題の分離とはざっくり言うと
こういう心の動きをすることだ。

★自分の感情や思い、行動は自分の課題
★相手についてもそれは同様
★相手を無理に変えず尊重し、自分のやるべき事をやる

まあ、心理学としてきちんと学んだわけでないのでかなり自己流解釈は入ってる。
しかし少なくともこの思考にはずいぶん救われた。

相手にどう思われるか、何を言われるか
それは相手の課題
(私は自由とも解釈している)
こちらから変えることはできない。
だから干渉するのではなく
そういうものなんだふーん、と受け止める。
もちろん、それが相手を助長させたり
ひどく腹が立ったらそこは主張する。
しかし大抵の事は、それほど大きな問題でない。
元より、言った張本人は忘れてたりするから。

つまり無駄に怒りを感じないですむ。
これは意見すべき、これはそこまでしなくてOK、と切り分ける。
そうなれば自分は自分とブレない。
さらに相手に反論して不愉快にさせることも少ない。
ついでに無用な争いも1つ減る。

と言っても、私自身の器は大きくない。
どうしても無理な時はそれなりに対処する。
ただムダを切り捨てるという行為は荷物減らしにも通じる。
いつの間にかそれが感情レベルでも行えた、少しだけど。

これは今使う必要があるのか?
この感情は今必要なのか?
これは今言う必要があるのか?

改めて感じた。
荷物ダイエットってすげー!
相手の人生は相手のモノ
自分の人生は自分のモノ
間違ってもお前のモノは俺のモノは通じない。
その人だって自分の知らない部分で
これまでたくさんのことを積み上げてきた。
自分の人生は自分で積み上げるしかない。

荷物が多い人に見られるのが、お人好しという傾向がある。
お人好しほど、実はそこを割り切れずに苦しむ。
元荷物が多い女だった私が言う。
でもお人好しは努力の割には報われないので
コスパが悪いのだ。

無用な我慢からの争いはもう辞めよう。

f:id:chigusaflower:20210127170129j:plain

コロナ禍にあえて外出時の手荷物を見直した理由

私が手荷物ダイエットをやろうかなと思い立ったのが2020年の年末あたり
この時期と言えば新型コロナ元年で初めて迎える年末だった。
この時期は新規感染者数が急増し、身近に迫ってきた感をイヤでも思った。
なので当然外出の機会は減る
にもかかわらず、なぜ手荷物を見直そうと思い浮かんだのか。


それは引き算の考え方を実感したから。
コロナの大流行によっていろんな制限が出た。
飲み会、会食、ライブ、ジャムセッションなどが大きく削減された。
当然我慢することが増えたので、ストレスもそれなりに感じていた。
しかしそんな状況下にも関わらず、コロナ自粛をむしろ楽しんでいた人も少なくない。
彼らに共通して見られたのが、引き算の考え方。
人に会わない、動かない、外に出ない、一見ないない尽くしでネガティブワードの連続だ。
しかしそれこそが、引き算の考え方の基本だ。


足し算の要素とは主に以下のようなもの
★趣味やライフワークなどのやりたいこと
★おしゃれ
★グルメ
★人付き合い

このように、自分にとって得るものがある事柄だ。
しかしコロナによってこれらの多くができなくなった。
ライブハウスは休業、アパレル店の倒産、飲食店も休業、会食は最大リスクなのでみんなが控えている。

その一方で引き算の考えで必要なのは
★何をやらないか
★何をいわないか
★何が要らないか

あれもできない、これも制限という、まさにないない尽くしな状況だ。


だからこそ反対に本当に必要なものが見えてきた。
★ライブにはどうしても行きたいしやりたい
★大好きな仲間に会いたい

どうやら自分の中で必要なものが上の2つ。その一方で
★今はおしゃれの必要性はそれほどでもないから少し待とう
★美味しいものは食べたいけど自分で作ってのんびり食べるのも悪くない

この2つは、必要といえばそうだけど我慢できるもの、つまり不要不急という位置づけだった。


今までは
★あれをやろう
★有力なあの人に会っておこう
★そのために働いて稼ごう
★投資しよう
とにかくやることばかりを考えていた。

ところが今は
★あれは今やらなくてもいい
★今は少し我慢しよう
★無理のない程度に働こう
★どうせ使うお金も少ないからそのぶん休もう

別名、馬車馬千種だったころの私のイメージが強い人には意外に感じるだろう。


そのような引き算の考えが、次第に身近な手荷物にも目が行ったという結果だ。

そんな引き算の考えのヒントが詰まった本を紹介します。

やめる時間術 24時間を自由に使えないすべての人へ

やめる時間術 24時間を自由に使えないすべての人へ

もし今しんどいと思っていたら、それは足し算のし過ぎなのかも。
こんな時期だからこそ引き算をしてバランスを取っていこう。

f:id:chigusaflower:20210126124559j:plain

形から入って大いに結構!何もしなくて変わることなし

荷物持ちな人は要領が悪い、荷物が少ない人はできる人、ある意味決めつけに近いかもしれない。
だが現実どうだろう、荷物が多い人はよくバッグの中をガサゴソしてますね?一方、荷物の少ない人はパッと取り出せますよね?


できる人の1要素であるスマートさを身につけ、要領悪い自分を卒業したい
そう思うならできる人の真似をすればいいのです。
それが誰でも手っ取り早くできるのが、荷物減らしなんです。


要領悪い 治す、で検索すると色んなサイトにお役立ちノウハウが上がってます。
その中で目立つ3撰

 

★優先順位を決めて段取りをする
★適度に人に頼る
★それでもダメなら環境が合ってないから転職しちゃえ

 

うむ、初めの2つに関しては確かに必要な心がけではある。
でも要領悪さんにとって2つめの人に頼るって、結構ハードル高いですよ。
まして3つめになると、現実的とは言えもう知らんて状態でしょ?
最も、私なんかは3つめを実行して雇われない身分になって今じゃ天国だけど、多くの人がそれが簡単にできないから悩むんだ。


だから、要領の良い人の行動を真似るなら形から入った方が早いんですね。


さらに、要領の良い人は整理整頓が上手ってのもあります。
しかしじゃあ、整理整頓得意な人挙手ー!と言って手を挙げられるのって、10人に何人くらいいるのだろう。
だって、整理整頓って簡単ではないから。
1人暮しや自分だけのスペースのらまだしも、家族がいたらそうはいかない。
いわゆるミニマリストってのは、夫婦や親子でその思いが共通しない限り実現は難しい。
かく言う私の場合、夫はミニマリストの真逆なポジション、ストッカーである(しかしなぜか要領は悪くないから不思議)。
同じ屋根の下に、物を置きたくない人、物がないと不安な人がいてニーズを一致させるのは至難の業だ。


しかし持ち物なら自分だけの問題、だからすぐにできる。
自分で完全にコントロールできる、だから荷物減らしが最適なのだ。
もし自分の身の回りだけでも整頓されてたらそれだけでもかなりスッキリする。
たとえ家族が片付けなくとも、それは相手の問題だからしょうがないと思える。


出来ることから始める、とにかくやる。
どんな方法でもいい、じゃあ1番早いのが形から入ること。
反省は実行してから考える。
何もしないままで何かが変わるなんてことは有り得ない。

 

手荷物ダイエットをしてやらなくなったある事

自撮りをやらなくなった。

初めは単なる偶然かなと思っていたのだが、よく考えてみるとリンクしている節がある。

昨年の今頃の写真を見ると、結構な枚数の自撮りがある。

どこか出かけると必ず1枚は自撮りして、ココに行ってきたよ〜とわざわざアピールする。

 

それがある出来事をきっかけにして、急にやらなくなった。

めんどくさくなったと同時に、自撮りにかける時間がムダ時間だとも気づいた。

 

f:id:chigusaflower:20210124043316j:image

 

手荷物減らしてみるかなと何となく思い立ったのが2020年の師走中旬くらい。

コレ!というインパクトあるキッカケが、というよりも、荷物重いから何とかしたいなぁ〜といったものが積み重なってというソフトボイルドなノリだ。

 

そんな風に過ごしてたあの時期、年末ど真ん中になって髪を切った。

ビフォーは結構ロングなパーマヘアを、アフターで鎖骨に余裕で付かない程度まで短くした(ただしいわゆるショートヘアではない)。

 

まあまあ気に入ったので自撮りしようと思ったが、その日は直後にひと仕事した後に楽器のレッスンと予定が詰まっていた。

家に帰ると少し時間に余裕があり、さて新しい髪型撮ろう!としたら途端に萎えた。

さっきまでは美容師さんがセットしてカッコよく決まってたのが、数時間活動したら既に崩れかけていた。

 

f:id:chigusaflower:20210124044024j:image

 

何コレ、こんなのイヤーーー!

それ以後、もう気力が一切湧かなくなってしまい現在に至る。

 

自撮りは思いのほか手間と時間が要る。

背景やアングル、顔色や写り、光の加減、ちょっと気になると他も気になる、まさに整形地獄のよう。

元より、ただでさえ荷物が多くなるレッスンの日こそ、効率よく手荷物を減らすために事前スケジューリングが綿密になる。

つまりその日の予定には、自撮りのための余剰時間はなかった。

 

しかし考えてみれば、私の生活に自撮りは必要ない。

もちろん、自分をアイコンとして売り出す職業の人にとったら欠かせないツールの1つだ。

一方、顔を出さないライターであり、外見的美しさより努力とセンスが必要な音楽を嗜む一般人の私が、わざわざ時間を割いて自撮りする必要性は全くない。

もしそれにかける15分があれば、簡単な記事が1つ書ける、楽器の練習ができる、意外にも何かを集中してやれるものだ。

 

f:id:chigusaflower:20210124044454j:image

 

以上、荷物減らしでムダを省いていったら思わぬ副産物が生まれたというお話でした。

自撮り好きなそこのあなた、あなたの自撮りは誰のため?何のため?

 

(なお現在プロフィールに使用しているのは昨年5月くらいです。プロフィールには自分の顔写真というのは発信の基本ですからね)

 

お弁当と水筒を辞めずに手荷物を軽くする方法とは

今、会社員として働く人の間でお弁当と水筒を持っていく人は増えている。

 

f:id:chigusaflower:20210123190914j:image

 

感覚として半数くらいか。

かく言う私も貧乏バイト一人暮らし時代にはそうだった。

当時は水筒買うのもケチってペットボトルを洗って使ってたくらい。

 

実際、お弁当&水筒持参の経済効果は侮れない。

どんなに安くてもペットボトルはコンビニの100円のお茶、お弁当はワンコインとして1日分600円

 

f:id:chigusaflower:20210123191145j:image

 

平日フルタイムの場合はこれが20回分だから12,000円、うむ、とてもデカい。

これなら多少の荷物の重さを我慢する価値はある。

 

その代わり、他の荷物を見直してみよう。

平日に通勤し仕事して帰るだけであれば、以下のものは必要だ。

 

★定期券

スマホ

★家の鍵


その他、必要に応じているもの

★運転免許証(車通勤の人)

★薬(常用しているものがあれば)

★制服(着用する業務内容の場合)

★ハンカチやティッシュ(社内のトイレ事情による)

★生理用品(その時だけ)

 


あとは仕事内容によって必要なものもあろう。

ところがどっこい、女性たちのホンネトークがおそらく一番聴ける掲示板、ガルちゃんことガールズチャンネルによると、自称荷物多い女子のカバンの中にはこんなものが多くある。


★メイクアップ道具

★折り畳み傘

★アルコール消毒セット(ティッシュ、ジェル、スプレーなど)

★その他諸々あり過ぎて割愛

荷物が多い人・かばんの中身 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

 

メイクアップ道具、確かにオフィスは乾燥しやすいし帰る頃には顔テカテカなんていう非常事態もある。

しかし、デートを控えてるわけでないのに直す必要ある?まして短い1時間の休憩時間に、ガッツリメイク直ししてる時間などない。

よってメイク道具はお留守番、必要な時だけ持ち出そう。

 

次、折り畳み傘、これも天気が不安定な時期にあると本当に助かる。

人によてはお気に入りのデザインを使っているだろう。

強者にはこの他に日傘まで入っているという人まで。

では実際、この一年間の中で折り畳み傘がなくて本当に困ったことが何回あっただろう?

案外片手で数えられる程度ではなかろうか?

そんなことを言っている私は雨女だ。

 

さらに行こう、アルコールグッズ。

新型コロナ時代にはもはや必須アイテム、流行が始まる頃は品薄続きで多くの人が困った。

しかし今では生産ラインもある程度確保され、ドラッグストアにも普通に並ぶようになった。

だったら持ち歩く必要ある?だってあちこちにあるんだよ。

それより、きっちり手を洗うことの方が大切、もっと言うなら出先でなるべくトイレを使わないように行動するとか(それはさすがに難しいか)。

 

必要なものと、その時々で必要なもの、頻度少ないもの、それを見直すだけでお弁当と水筒があっても今よりは楽になると期待できる。

 

f:id:chigusaflower:20210123191342j:image

 

たまには外でモグモグも良いですね。

今必需品になりつつあるアレが意外と場所を取る件

2020年は新型コロナウィルス元年とも言える年で、生活スタイルがガラリと変わった。

中でも顕著なのが夏場、暑い時期におよそ使うことのなかったアレが生活必需品となり、もはやその流れは年間を通して定着し、そして綺麗好きな日本人ならこのスタイルがもうどうにも止まらない…。

 

と言えば、何のことか気づいた方もいるでしょうが、そう、マスクのことですね。

 

f:id:chigusaflower:20210122130010j:image

 

冬に乾燥しやすく体調管理に余念のない日本だと、冬場にマスク国民になるのはそれほど珍しくなかった。

それがコロナのバカヤローのせいで、高温湿度ムンムンな夏場にまで義務化された。

今までだとただの白い不織布だったのがオシャレな柄や季節にあった素材、さらにブランド高級品まで出始めて、日本はもはや空前のマスク先進国にもなっている。

 

そんな中、マスクそのものだけでなくマスク付随のグッズまで販売されている。

マスク専用消毒スプレー、紐につけて使うマスクホルダー、そして今注目を集めているのがマスクをしまうためのマスクケースだ。

 

f:id:chigusaflower:20210122124940p:image

 

これは某フードデリバリー会社のものですね。

このマスクケース、食事などでどうしても外すときにそのままテーブルに置くのが衛生上イマイチだから専用ケースに入れとこう、という趣旨のもの。

かく言う私も、ローソンですみっコぐらしの可愛いのを見た時に手が出そうになり我慢した記憶が新しい。

 

ところがマスクケースというやつが、地味にカバンの場所を取るのだ。

ケースそのものは軽くて薄いので持ち運びには影響ないが、問題はその面積。

A4のクリアファイルの半分程度あるので、小ぶりなバッグだと入らないことがある。

実際、私が普段使いするバッグには入らない。

 

んだよ!コロナのバカヤローめが!

とまたもややり場のない怒りをぶつけてみたものの、なんてことない。

首かけ式のマスクホルダーにしてしまえば解決した。

 

f:id:chigusaflower:20210122125235j:image

 

これなら外しても首からかかってるから無くすことはないし、何よりもバッグに入れる必要が無い。

今じゃ長時間の外食はむしろ控える方向にいるから、わざわざ変えるまでいかないし、これで十分だと気づいた。

 

てことで、マスクケースの代わりにマスクホルダーにしてみよう。

市販の可愛いのを買っても良し、ビーズで手作りもあり!

ちなみに写真に挙げたのは家にある残ったビーズで作成したもの。

この長さで約2時間、大きめのビーズならもっと短時間でできる。

 

 

 

 

ビーズで作るなら、私の作ったものに近いものを。大きい部分はスワロフスキーだとキレイです。

 

 

 

 

 

パソコンを持って行かなくてもノマドワークをする方法

私の現在の職業はライター、職場は問わない。

勤務時間も早朝や待ち時間などバラバラ(ただし夕方以降はあまりやらない)。

まあ業務委託なので出勤も人間関係もほとんどない気軽な身分だ(その分収入も相応だが)。


ところで、ライターというとイメージするのは、スタバでMACを使ういわゆるノマドワーカーの姿だろう。

実際それは間違ってない。

ただ私の場合はMACユーザーでもなく、しかもスタバよりドトールの方が好きだ(仕事中はフラペチーノより普通のブレンドコーヒーが飲みたいから)。

それでもってパソコンって重い、めちゃくちゃ重い。

しかもデカい、場所も取る。

カフェで仕事しようと思ったら1人用のテーブル半分埋まるし。

 

f:id:chigusaflower:20210121155310p:image


そこで、そんな悩める遊牧系ワーカーの1人として、どこまで荷物を減らせるか実験してみたところ、ここまでできた。

 

f:id:chigusaflower:20210121155510j:image


持ち物はスマホと折りたたみキーボード、以上。

基本の必需品セット(ウォークマン、ハンカチポーチ、パスケース)を含めて

各持ち物まとめるとほぼA4サイズ、最大のものでも厚み1cm程度。

総重量は約350g、どんなに軽量なノートパソコンでも最低1kgはするからその3分の1程度で済む。

この2つだけで、受注→執筆→納品まで完結する。

もちろん、内容によってはパソコンでなければダメな場合もあるだろうし、画面が小さいという難点は免れない。

肝心の折りたたみキーボードだが、このタイプは大きさもノートPCのそれと大きく変わらない。


なお、飲食代はスマホにPayPayがあるとOKだが、使えない店もあるのでその時はPASMOを持ってると安心だ。

もしかしたらPASMOスマホに入れてる人もいるかもしれないが、残念ながら私のiPhoneは古くて対応していない。

ちなみに2021年現在での、主要カフェのキャッシュレス事情は以下の通り。


https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2101/14/news054.html

https://www.google.com/amp/s/www.watch.impress.co.jp/docs/news/1210/160/amp.index.html

 

単純に文章だけ書くのであれば、この方法を試してみるのはいかがでしょうか?

ライターに限らず、フリック入力よりも疲れにくいのでブロガーさんやチャットにもオススメ。

 


ところで、会社員やパートなど、出勤を伴うお仕事の場合はどうだろう?

実は前職(飲食店パート)の時から、手荷物ダイエットはやっていた。

後日、お勤め荷物について書いてみよう。

 

ちなみに紹介したものと同じものがこちら

折りたたみキーボードで1番に出てきたもの